美容クリニックの働き方とは:看護師求人サイトカタログ

美容クリニックと一般医療で働き方の違いはあるか?

「生活サイクルを乱さない働き方が出来る」として近年、美容クリニックへ転職希望を持つ看護師さんが増えてきているといわれています。具体的にどんなメリットがあるのが調べてみましたのでご参考ください。

夜勤がなく残業も少なめ

多くの美容クリニックは入院設備を持たない、もしくは少ない診療所規模で病院に定義されるものではありません。宿直を担当することはありませんし、診療も予約制がほとんどのため過剰な残業はほぼなく規則正しい勤務サイクルが送れるケースが多いのが魅力の一つとなっています。

そして大規模な病院におきやすい人間関係に悩まされることも少ない傾向となっています。

ただ、休日は安定して取れるようですが土・日診療は普通に行うところが多いです。サービス業寄りな一面もあるため、お盆や年末年始休暇は少ないかもしれません。それでも年間休日130日、140日としているところもあるようですので休み重視でも諦める必要はなく、こういう時こそ紹介会社に問合せてみると良いでしょう。

美容医療の方が給与は高め

看護師の平均月給は31万ちょっとです。当然若年層であれば20万円台が多くなりますが、美容医療の給与は平均よりも高めで実際に美容医療専門の求人サイトの東京都求人を見てみても32万円以上のものは多数見かけましたしほとんどが30万円台の表記でした。

対して一般医療がメイン表示となる大手の看護師求人サイトの東京都求人を見ると30万円オーバーは多いは多いですが20万円台の表記も美容医療だけの求人よりも見かける頻度は感覚的にはやはり多く、平均額では美容医療の方が勝つのだろうなと言う印象があります。

具体的な仕事内容は?

美容皮膚科はいわゆるプチ整形などの切らない治療がメインで注射や美容機器の扱い、もしくは扱う医師の補助がメインになりそうです。

美容外科になると手術も行うため、それらの補助や、こちらでも麻酔など手術前の注射などが行われることがあるでしょう。クリニック規模次第で注射を含めた大部分を医師が行ったり、看護助手レベルの業務を求められることもあるかもしれません。気になる要素は紹介会社に質問することで良い会社かを判断できる要素にもなりますよ。

ノルマってあるの?

これもクリニックごとの方針で変わるものですが、調べた限りでは多くは契約をとる役目はカウンセラーの人たちのようです。

看護師の定着率は一般医療の時点であまりよくなく、辞められて次々と看護師の求人を出すほうがお金がかかるためノルマを課すことは少ないと見られますし、課された場合はブラック求人の目安としても良いんじゃないでしょうか。こういう部分の説明ができるかで医療機関ともども紹介会社の良い・悪いを判断できる要素といえるでしょう

私もキレイになりたいんですが…(*´ェ`*)

興味のある美容治療があれば普通にお得な価格でサービスしてくれるケースはあるそうです。業務時にしっかりしていれば何ら悪いことではないので、美しさに釣られて美容クリニックを選ぶのもありです、バンバンきれいになってください(笑)

美容系の口コミで「看護師さんもキレイだった」というコメントはよく見ますから自分もキレイになれることは十分あり得るでしょう。美容系の情報通になれる可能性もあり、友達との会話で鼻高々に会話に花を咲かせることが出来るかもしれませんね。

どこで求人を探したら良いんだろう…

当サイトでレビュー済みなのはキャリプレ看護師が美容外科・美容皮膚科専門の求人を紹介しています。

まだ新しいところのようですが調べた限りではお祝い金20万円を実施しているのは美容医療専門の求人サイトとしてはここだけのようですし、本気度を感じます。また就職してみたい美容クリニックの求人が出ていない場合でも、クリニック名を伝えれば掛け合ってくれるそうですので美容クリニックとのつながりは強いことが伺えます。

登録の際に求められる個人情報も少なく安心して登録はできるのではないでしょうか。
■キャリプレ看護師の公式サイトへ行く

■当サイトのキャリプレ看護師のレビューはこちら

美容クリニックの働き方とは 紹介会社との付き合い方 看護師求人サイト カタログ一覧
看護師求人サイトカタログ